HOME | 「環境info」についてサイトの目的環境調査レポートについて広告掲載について著作権についてお問い合わせサイトマップ

 

地域情報

環境info トップページ ≫ 地域情報 ≫ 『地域に学ぼう、環境取り組み』 NO.002


『地域に学ぼう、環境取り組み』 NO.002

地域情報 ナビゲーター 廣瀬 仁(ひろせ ひとし) {プロフィール}

2006年07月03日

■環境ボランティア学校が開校 【栃木】
陶器の産地として知られる栃木県益子町は、2003年に環境基本計画を策定し、環境に負荷をかけない共生・協働のまちづくりを目指している。

このたび同町では、その基本計画の推進事業にあたり早稲田大ボランティアセンター(WAVOC)と共同で「環境ボランティア学校」を開校した。WAVOCは、環境に関するボランティア活動に興味のある学生を、実践面で役立つ知識や意欲を高めるためのプログラム「環境ボランティア学校」を行っている。今回は町の環境取り組みに15人の学生たちが参加することになった。

第1回目の活動が5月20日、21日におこなわれ、地元住民グループらと共に、紙ゴミ資源回収の「ごみダイエット作戦」と、里山モデルづくりの「棚田整備」に汗を流した。次回以降、河川の清流復活や環境マップづくりなどを計画している。

同町のボランティア学校は年3回の予定だが、学生たちは地方自治体がどのように環境事業を実践し、どのように地域と連携を取りながら進めるかを学び、検証できる。小さな取り組みだが、若い世代が体を動かして地域づくりに貢献でき、住民たちも学生との交流を通して、まちづくり対する情熱や意識を再確認する機会になりそうだ。

[参考]下野新聞(2006年5月18日)
益子町役場:http://www.town.mashiko.tochigi.jp/

■カラス対策+完全燃焼=黄色のごみ袋 【広島】
包装用フィルムなどを製造する大倉工業株式会社(本社・香川県丸亀市)が、戸田工業株式会社(本社・広島県大竹市)と共同で、活性“フェロキサイド(酸化鉄)”を利用した黄色のごみ袋を開発した。戸田工業は酸化鉄の合成技術で磁性材やフェライトなどを生産しているメーカー。

家庭ごみの分別収集が進み、半透明ごみ袋の導入が進む中、ごみ集積場を荒らすカラス対策は全国的な課題となっている。黄色のごみ袋は、カラスが人間より色覚精度が優れていることを逆手に取った製品で、一定の条件を満たす色素で着色すれば、人間には半透明に見えてもカラスには中身がほとんど見えなくなるという。そのためカラスはごみ袋に興味を示さず、荒らされることがなくなる。すでに宇都宮大学(栃木県)に委託した実験で、その効果が確認されている。

開発した黄色のごみ袋は、色付けに活性“フェロキサイド(酸化鉄)”を利用したことが最大の特長。酸化鉄が練り込まれたポリエチレンは、従来製品に比べ完全燃焼を促進することから、ダイオキシン生成を抑制する効果が見込めるという。12、3年ほど前には、炭酸カルシウム入りごみ袋が注目を集めたが、今回のカラス対策が加わった“黄色袋”も市町村で導入が広がりそう。

[参考]中国新聞(2006年4月11日)
大倉工業株式会社:http://www.okr-ind.co.jp/

■地域貢献ファンド『尾瀬紀行』がスタート 【福島・群馬・新潟】
東邦銀行(本店:福島市)、群馬銀行(本店:前橋市)、第四銀行(本店:新潟市)の3つの地方銀行が共同で発売する新しい投資信託「自然環境保護ファンド」、通称『尾瀬紀行』がスタートした。

投資信託(ファンド)とは、低金利やペイオフ全面解禁などを背景に、金融機関や証券会社などが独自に利回りや安全性、地域貢献などをアピールした金融商品。今回のファンドは自然保護、特に尾瀬の環境保護を設定目的の一つに掲げたもの。各銀行とも毎年度、信託報酬の0.1%程度を活動資金として尾瀬保護財団に寄付するという。発行と運用は興銀第一ライフ・アセットマネジメント社(DIAM=ダイアム)が担当する。

尾瀬は、福島・群馬・新潟の3県にまたがる多様で原生的な自然が保たれている地域で、日光国立公園の特別保護地区及び国の天然記念物に登録されている。昨年はラムサール条約に基づいた登録湿地にも認定され、現在、単独での国立公園化の動きもある。
一方、寄付を受ける尾瀬保護財団は平成7年8月に設立した団体。ボランティアの活動支援、自然スクールの開催、植生復元、ビジターセンターや公衆トイレなど施設の維持管理、尾瀬サミットの開催など、さまざまな活動を展開している。

地域貢献を目的に取り入れた同ファンドのように、地域の環境はその地域に暮らす人々が広く支え合う仕組みの金融商品がもっと増えてほしい。

[参考]福島民報(2006年4月11日)
興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社「DIAM(ダイアム)」:
http://www.diam.co.jp/special/oze/index.html

 




スポンサーPR≫こちらに広告を掲載するには?

株式会社リンド

美しい、安全、簡単、安い「土壌固定材PX−300」は、舗装、斜面保護、粉塵飛散対策等の環境配慮を強くサポートします。

テクノファ

環境の視点で組織とその活動をみることのできる「環境プランナー」の資格につきましては、「テクノファ」まで。

エコシス・コンサルティング

環境配慮活動推進及びコンサルティングの視点醸成はエコシス環境プランナー資格講座で。




ページの先頭へもどる

環境経営(製造業)環境経営(流通・物流業)環境報告書/CSRリサイクル自然エネルギー
まちづくり地域情報LOHAS(ローハス)自然環境環境教育環境行政・統計NGO・NPO
HOME 「環境info」について サイトの目的 環境調査レポートについて広告掲載について著作権について お問い合わせサイトマップ