HOME | 「環境info」についてサイトの目的環境調査レポートについて広告掲載について著作権についてお問い合わせサイトマップ

 

地域情報

環境info トップページ ≫ 地域情報 ≫ 『地域に学ぼう、環境取り組み』 NO.005


『地域に学ぼう、環境取り組み』 NO.005

地域情報 ナビゲーター 廣瀬 仁(ひろせ ひとし) {プロフィール}

2006年08月26日

■市内の緑化に認定制度 【流山】
千葉県流山市は、民間の緑化活動に“質”と“量”で評価する「グリーン・マーク制度」を導入し、その第1号を認定した。

全国初の試みとなる「グリーン・マーク制度」は、緑の保全・活用と区画整理事業で失われた自然の回復を目指す同市の「グリーン・チェーン戦略」に基づく緑化促進事業。市独自に定めた「緑の価値指標」に適合した開発プランに「グリーン・マーク」の認定証を交付するものだ。

対象は、つくばエクスプレス沿線整備区域で行われる民間の開発事業(戸建て住宅街区もしくは集合住宅)で、3段階の認定レベルがある。レベル1は、道路に面した部分に規定以上の高木(3メートル以上)を植える「接道部緑化」や、ブロック塀などで風通しを妨げない「敷地間通風の確保」の2条件を満たしていること。レベル2は「敷地内地表面及び建物外壁の温度上昇抑制」など7項目の条件を満たすこと。最高のレベル3では「住宅断熱性能の確保」など14項目が条件となる。認定を受けると市内金融機関の金利優遇措置が受けられるほか、物件の販売促進に利用できる。

同市は「緑」を市の重要財産と位置づけ、民間の緑化を促進してヒートアイランド現象を抑制させたい考え。と同時に、個々の緑化の取り組みを連鎖(チェーン化)することで、その価値が個人的な枠組みを超え、街全体の価値を高めることを見据えている。

そういえば私が毎日利用する駅は緑豊かな公園が隣接しており、明らかに他の駅前よりも涼しく、心穏やかにさせてくれる。都市部における緑化の促進は、間違いなく街全体の価値を高めることにつながる。

[参考]千葉日報(2006年7月15日)
流山市役所:http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/kouen/gc/gc_main.htm
        http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/jouhoukan/0607/gureenmark.htm


■「ゴミ拾い」+「料金割安」の観光ツアー 【神戸】
愛知県のバス会社・名古屋観光日急は、神戸への観光ツアーに“ゴミ拾い”を加えた割安バス旅行(日帰り)を売り出した。

同ツアーは、神戸市内に滞在する約5時間のうち、市役所周辺などで約20分間かけてゴミ拾いを行い、その後は自由時間となるもの。料金は大人4,500円で、名古屋−神戸間の高速バス往復料金(5,500円)に比べると約2割安く設定している。

「環境保護のため観光地を清掃するエコツアーが増えており、注目を集めるのでは」と同社が企画。神戸市内のビジネスホテル支配人や観光ガイドらでつくる交流会「神戸THO(トー)の会」の協力で、ゴミ拾い場所への誘導や、市内の見どころなども紹介してくれる。

清掃活動を通じて地元の人と出会い、ゴミ拾いをしながら街に親しめそうなユニークな視点。参加者自身がこの活動を楽しもうと思えば、旅はより充実したものなりそうだ。

[参考]神戸新聞(2006年7月29日)
名古屋観光日急:http://www.nagoyakanko-nikkyu.com/

 




スポンサーPR≫こちらに広告を掲載するには?

株式会社リンド

美しい、安全、簡単、安い「土壌固定材PX−300」は、舗装、斜面保護、粉塵飛散対策等の環境配慮を強くサポートします。

テクノファ

環境の視点で組織とその活動をみることのできる「環境プランナー」の資格につきましては、「テクノファ」まで。

エコシス・コンサルティング

環境配慮活動推進及びコンサルティングの視点醸成はエコシス環境プランナー資格講座で。




ページの先頭へもどる

環境経営(製造業)環境経営(流通・物流業)環境報告書/CSRリサイクル自然エネルギー
まちづくり地域情報LOHAS(ローハス)自然環境環境教育環境行政・統計NGO・NPO
HOME 「環境info」について サイトの目的 環境調査レポートについて広告掲載について著作権について お問い合わせサイトマップ