HOME | 「環境info」についてサイトの目的環境調査レポートについて広告掲載について著作権についてお問い合わせサイトマップ

 

環境行政・統計情報

環境info トップページ ≫ 環境行政・統計情報 ≫ 環境行政・統計情報について


環境行政・統計情報について

環境行政・統計情報 ナビゲーター 松原 弘直 (まつばら ひろなお) {プロフィール}

2006年05月14日

環境行政の基本となる法律が平成5年に施行された環境基本法です。この環境基本法に基づき、5年に一回、環境基本計画が策定されており、今年はその第三次環境基本計画が策定されています。その中では従来からの環境保全や循環型社会に向けた取り組みはもちろん、環境と経済や社会との関係についても取り上げられています。

私たちにもっとも身近な大気や水などの環境保全については、高度成長期の公害問題から始まり、様々な排出物への規制や環境基準などが法律により決められています。ごみ(廃棄物)の問題もとても身近な問題で避けては通れません。平成12年に公布された循環型社会形成推進基本法では、ごみの3Rとして減量(リデュース)・再利用(リユース)・再生利用(リサイクル)が基本となり、廃棄物処理法の改正の他に各種のリサイクル法などが施行されています。

地球温暖化対策については、省庁の枠を超えた取り組みが行われており、京都議定書の発効に伴う京都議定書目標達成計画(平成17年4月)に従って政策が進められています。地球温暖化対策には、国の政策だけではなく、産業界による自主的な取り組みや、国民一人ひとりの省エネルギーなどへの取り組みなどが欠かせません。また、京都議定書に定義されている京都メカニズムの活用としてCDM(クリーン開発メカニズム)や排出権取引についても2008年の第一約束期間に向けて動きが活発化しています。環境税や国内での排出量取引の動きについては整備が遅れている面があり、今後の動きに注目していきたいと思います。

EICネット 環境行政に関する様々な最新情報が掲載されています。

環境省 やはり環境行政では欠かせません。

環境省:環境基本計画 基本です。

環境省:廃棄物・リサイクル対策 3Rについて

環境省:地球環境・国際環境協力 地球温暖化対策など

国土交通省 環境ポータルサイト

地球温暖化防止ポータル 経済産業省が中心となり産業界も含む

チーム・マイナス6 地球温暖化対策の国民運動

省エネルギーセンター 省エネルギーに関する情報ならここ

グリーン物流パートナーシップ 物流の省エネ

京都メカニズム情報プラットフォーム CDM(クリーン開発メカニズム)他

環境省自主参加型国内排出量取引制度 2005年から始まりました

環境関連の統計情報については、環境白書などの形で毎年まとめられたものがあります。また、各種の統計データが公開されており、様々な形で活用することが可能です。

環境白書・循環型社会白書 定番の情報源です

エネルギー白書 地球温暖化に関連します

国土のモニタリング 注目

統計データ・ポータルサイト あらゆる統計情報が満載です

 




スポンサーPR≫こちらに広告を掲載するには?

株式会社リンド

美しい、安全、簡単、安い「土壌固定材PX−300」は、舗装、斜面保護、粉塵飛散対策等の環境配慮を強くサポートします。

テクノファ

環境の視点で組織とその活動をみることのできる「環境プランナー」の資格につきましては、「テクノファ」まで。

エコシス・コンサルティング

環境配慮活動推進及びコンサルティングの視点醸成はエコシス環境プランナー資格講座で。




ページの先頭へもどる

環境経営(製造業)環境経営(流通・物流業)環境報告書/CSRリサイクル自然エネルギー
まちづくり地域情報LOHAS(ローハス)自然環境環境教育環境行政・統計NGO・NPO
HOME 「環境info」について サイトの目的 環境調査レポートについて広告掲載について著作権について お問い合わせサイトマップ