HOME | 「環境info」についてサイトの目的環境調査レポートについて広告掲載について著作権についてお問い合わせサイトマップ

 

LOHAS(ローハス)

環境info トップページ ≫ LOHAS(ローハス) ≫ “LOHAS(ローハス)”デザインについて考えよう(2) 【コンセプトデザイン】


“LOHAS(ローハス)”デザインについて考えよう(2) 【コンセプトデザイン】

LOHAS(ローハス) ナビゲーター 影山 恭英 (かげやま やすひで) {プロフィール}

2006年07月18日

■想いの共有〜コンセプトデザイン
さて、皆さんはグランドデザインを描くことができましたか?ビジョン作りが完了したら、その想いを他の人と共有するために、わかりやすい形に落とし込んでいきましょう。  
すなわち、コンセプトデザインを行うのです。コンセプト(想い)を人に伝え、共有するためには、「シンプルさ」がとっても大切になります。
自分が“LOHAS”を提案する際のコンセプトキーワードを列記することから始めてみましょう。「国産」「透明性」「自然保護」「健康維持」・・・など自分が大切にしたいメッセージから連想ゲームでどんどんイメージを広げることです。それができたら、自分たちが約束できるものに絞り込みましょう。この想いと約束に人々は共感するのです。

■“LOHAS(ローハス)”デザインの価値基準
想いを共有するためには、その想いを実現する約束が必要です。そのためには、“LOHAS”について自分がどのような考えでいるのかといった想いを伝える手段としての、基準作りが大切になってきます。
“LOHAS”をデザインする価値基準として、下記ロハスクラブの基準を参考にするのもいいでしょう。
 ただし、あくまでもこのような基準作りは手段であり、前回考えたグランドデザインやビジョンに基づくことは忘れないでください。

<ロハスデザイン基準の参考例>

Lifestyles(多様性)
生き方の多様性を尊重するモノ、コト、あるいはその行いを実践しているヒト。つまり、押しつけがましくないということ。

Open(見えやすさ)
由来、工程、流通などの諸プロセスが透明で、見えやすいモノ、ヒト、コト。

Health(健康)
健康なライフスタイルを提案、サポートするモノ、コト、ヒト。

Affordance(わかりやすさ)
誰もがたやすく使いこなせるモノ、コト、あるいはその行いを実践しているヒト。つまり受け手への親和性が良いということ。

Sustainability(持続性)
資源の有限性を自覚した上で、環境の循環性への配慮がなされたモノ、コト、あるいはその行いを実践しているヒト。

Durability(長持ち、愛着)
長く愛着を持って、良好な関係を築くことができるモノ、コト、あるいはその行いを実行しているヒト。

Emission(廃棄物低減)
二酸化炭素排出低減への取り組み、廃棄部分の最小化、分解性の工夫、廃棄時のリサイクル対策などに配慮されたモノ、コト、あるいはそれを実践するヒト。

Safety(安全・安心)
生産から加工、流通、そして購入後の活用にいたる全てのプロセスで、包括的な安全・安心に配慮されたモノ、コト、ヒト。

Innovative(発見的、新規性)
全くの新しさは私たちをはっとさせる。そのような発見と驚きと楽しさをもたらすモノ、コト、ヒト。

Generosity(寛容、優しさ)
エコに走り過ぎない、独り占めしない、他社への配慮と尊重。それを目指したモノ、コト、ヒト。

Nostalgic future(懐かしい未来)
伝統的な知恵、懐かしい言葉が、新しい、先進的な技術によって再発見されたものが本当のロハス。そのような懐かしい未来の扉を開くモノ、コト、ヒト。

<出典:ロハスクラブ公認ロハスデザイン審査基準 分子生物学者 福岡伸一氏作成>

 




スポンサーPR≫こちらに広告を掲載するには?

株式会社リンド

美しい、安全、簡単、安い「土壌固定材PX−300」は、舗装、斜面保護、粉塵飛散対策等の環境配慮を強くサポートします。

テクノファ

環境の視点で組織とその活動をみることのできる「環境プランナー」の資格につきましては、「テクノファ」まで。

エコシス・コンサルティング

環境配慮活動推進及びコンサルティングの視点醸成はエコシス環境プランナー資格講座で。




ページの先頭へもどる

環境経営(製造業)環境経営(流通・物流業)環境報告書/CSRリサイクル自然エネルギー
まちづくり地域情報LOHAS(ローハス)自然環境環境教育環境行政・統計NGO・NPO
HOME 「環境info」について サイトの目的 環境調査レポートについて広告掲載について著作権について お問い合わせサイトマップ