HOME | 「環境info」についてサイトの目的環境調査レポートについて広告掲載について著作権についてお問い合わせサイトマップ

 

LOHAS(ローハス)

環境info トップページ ≫ LOHAS(ローハス) ≫ “LOHAS(ローハス)”デザインについて考えよう(3) 【エコデザイン】


“LOHAS(ローハス)”デザインについて考えよう(3) 【エコデザイン】

LOHAS(ローハス) ナビゲーター 影山 恭英 (かげやま やすひで) {プロフィール}

2007年04月16日

■デザインからみた環境配慮設計
自分が大切にしたいコンセプト(想い)を煮詰めることはできましたか?
自分なりの想い・基準を環境情報として表現することで、LOHAS(ローハス) 層に共感を呼び、あなたの製品やサービスを愛用してくれる人が増え、その良さが口コミで広がっていくのです。その表現方法が「デザイン」というものではないのでしょうか。
デザインはLOHAS(ローハス)層の人々が製品を選択する際に重視する基準の一つです。美しいデザインのモノは長く愛用することができますし、生活を豊かに彩るものでもあります。特に環境配慮設計されたエコデザインは、他社製品との差別化、あるいは新コンセプト製品の開発を表現するもので、新たなビジネスチャンスにつながります。
国連環境計画(UNEP)では、エコデザインを「エコロジーとエコノミーのバランスによるデザインコンセプト」と定義しています。デザインというと、外観(=意匠デザイン)のこととイメージする人が多いと思います。しかし、本来のデザインとは、意匠面だけでなく、地球市民の立場にたって、設計・生産・流通・消費・使用・リサイクル・リユース・廃棄などすべての生産のステージを地球環境負荷の低減の視点で見直し、循環型社会の実現、生活の質の向上を図るべく新たな価値観を創り出すビジネスツールと位置付けられるものでしょう。そのような意味で、下記の国連環境計画のエコデザインマニュアルも参考になるでしょう。

<国連環境計画(UNEP) エコデザインマニュアル>
―環境配慮製品設計の7つのステップ―

1. エコデザイン・プロジェクトの準備
  上層部からの同意、チームの編成、実施計画、予算立案
2. 製品の選定
  潜在的な市場性や環境面における改善の可能性、技術的な実現可能性検討
3. エコデザイン戦略の確立
  何ができるのか、何を行いたいのか、何を行わなければならないのか
4. アイディアの創造と選定
  新しい製品や製品システムに向けた既存製品を改善する手法の明確化
5. コンセプトの詳細化
  製品設計、生産計画、マーケティング計画、メンテナンス・修理等の詳細化
6. コミュニケーションと製品販売
  企業内での新デザインの普及、マーケット調査、販促計画
7. フォローアップ活動の確立
   製品評価とプロジェクトプロセス評価、デザインマニュアル作成

出典:UNEP、永田勝也翻訳監修:エコデザイン、ミクニヤ環境システム研究所2001


■普遍的な高品質デザイン家具にみるエコデザインの事例
株式会社インターオフィスが展開するhhstyle.comは、ラインアップの良さとデザインへのこだわりから、都市に今日住する20〜30代後半の男性層を中心に支持を得ている輸入家具のオンラインショップです。
 同社の取り扱う家具は高額ではあっても、どれもライフサイクルが長いという共通の特徴をもっています。デザインをシーズンごとにリニューアルし、次々と購買意欲を喚起するビジネスモデルとは違い、修繕やメンテナンスも独自の工場でフォローアップするといったきめの細かさを有します。
特に同社で取り扱うスイスの「USM ハラーシステム」は、そのシンプルで機能的な構造と美しさが評判になりラインアップ化されたものです。製品の特徴をLOHAS 的な観点から見ると下記になります。

◆発売から既に35 年以上たっているが、発売当初のデザインを変えることなくすべてのパーツは現在でも購入することができる。
◆オフィスキャビネットやドリンク・バーコーナー、ライブラリー、本棚、TV 台、キッチンワゴン等、ニーズに合わせて組み立て・組み替えが可能で、半永久的に利用可能。
◆高価格ではあるが、長く使用でき、必要に応じて買い足すことができる。
◆独自のメンテナンスシステムを有し、部分的な破損があっても廃棄せず復元ができる。


 流行に左右された安易な企画製品を短期に大量発注し、安価に売りぬくビジネスモデルとは一線を画したブランディング、それぞれに応じて最適なデザイン・環境情報を提示し、売り手と買い手の持続可能なコミュニケーション・サイクルを確立するこのようなモデルはLOHAS志向のビジネスといえるでしょう。

参考)株式会社インターオフィス http://www.interoffice.co.jp http://www.hhstyle.com

 




スポンサーPR≫こちらに広告を掲載するには?

株式会社リンド

美しい、安全、簡単、安い「土壌固定材PX−300」は、舗装、斜面保護、粉塵飛散対策等の環境配慮を強くサポートします。

テクノファ

環境の視点で組織とその活動をみることのできる「環境プランナー」の資格につきましては、「テクノファ」まで。

エコシス・コンサルティング

環境配慮活動推進及びコンサルティングの視点醸成はエコシス環境プランナー資格講座で。




ページの先頭へもどる

環境経営(製造業)環境経営(流通・物流業)環境報告書/CSRリサイクル自然エネルギー
まちづくり地域情報LOHAS(ローハス)自然環境環境教育環境行政・統計NGO・NPO
HOME 「環境info」について サイトの目的 環境調査レポートについて広告掲載について著作権について お問い合わせサイトマップ